よくある質問

どうやってISICカードを取得できますか?
ウェブサイトよりオンラインでのお申込み、もしくは郵送申込も可能です。またはISICカードの発行所が一部の大学購買部や売店、旅行代理店などにございます。最寄りの発行所は以下リンク(>をクリック)より検索してください。

あと数ヶ月で卒業してしまいますがISICカードを申請できますか?
卒業後にフルタイムの学生として就学される場合はその証明書も提出してください。進学されない場合は資格が無くなったとみなされますのでその時点からカードの使用はお控えください。30歳以下であればIYTCカードの申請もできますのでご検討ください。
(IYTC、ITICについてもカードの有効期限以内に取得資格を失った場合はカードの使用はお控えください。)
ISICカードを持つことでどのような利点がありますか?
ISICカードは正式な学生身分証明書です。大学学生証など日本語の身分証ですと海外で認められないことがありますが、ISICカードは英語ですので海外でも安心して提示できます。
また、様々な割引や特典を利用できます。通常の学割に加え、ISICカード所持者限定のものまで、全世界で15万点以上の割引や特典があります。美術館や博物館、書店やレストランをはじめ観光地などで利用できる割引です。ISICカード所持者は平均して年間で1万円以上の節約ができるというデータがあります。
海外に旅行に行きます。滞在先の割引を調べるにはどうしたらよいですか?
1. このウェブサイトのトップメニューにある「割引と特典」から検索できます。
 「利用可能」→「世界的に」をクリックするとISIC.Orgのサイトに移動します。
 このサイトの検索機能を使うか、右上にある「Choose Country」で行先の国を選択
 すると、それぞれの国のISICのページが開きその国の割引を見ることができます。
2. ISICアプリをダウンロードすると、地名を入れるだけで周辺の割引が瞬時に検索
 できます。割引情報の詳細や地図も表示されるので旅先ではとても便利です。
3. ISIC Japanのメルマガに登録すると国内外の最新の割引情報をお届けします。
ISICカードで年齢を証明できますか?
ISICカードは正式な学生身分証として認められていますので、年齢証明書にもなります。特に旅先で年齢を証明する際に、パスポートを持ち歩くよりも安心で安全です。
(公的身分証明書ではありません。)
なぜユネスコのロゴがISICカードにあるのですか?
1968年よりISICカードは正式な国際学生証としてユネスコの推奨をうけており、ロゴがカードにプリントされています。これにより、国際学生証が世界で通用し信頼できる身分証であることの証となっております。
カードに12桁の番号がありますが、これは何ですか?
各ISICカードには独自の12桁のシリアル番号とアルファベットがあります。子のシリアル番号はオンラインで割引を利用するときや、アプリをダウンロードする際に必要になります。
ISICカードの発行にはいくらかかりますか?
発行手数料1,750円(オンライン及び郵送申請の場合は2,300円)で取得できます。旅行先や国内で割引を利用することによって支払った手数料分以上の節約ができます。
ISIC/ITIC/IYTCカードの有効期限はどれくらいですか?
全てのカードは発行より1年間有効です。
ISICカードを紛失または盗まれてしまいました。どうすればよいでしょうか?
ISIC協会の個人保護の取り扱い方針により、盗難または紛失されたカードの再発行はできません。新たにカードの発行を希望する場合は新規発行の手続きが必要になります。有効期限内に盗難、紛失した場合は速やかにカードを停止するための手続きが必要です。お問い合わせよりEmailで、お名前(日本語とアルファベット)、生年月日と学校名、もし分かればシリアル番号をISIC Japanまでご連絡ください。
カードの有効期限が切れました。更新するにはどうすればよいですか?
残念ながら現時点では更新制度がありませんので、新規発行のお手続きをしてください。
ISICカードを申し込みたいのですが、どの書類が必要ですか?
ISIC (国際学生証):フルタイムの学生であることを証明するために、学生証(有効期限も含む)か在学証明書(発行より3ヶ月以内)

ITIC (国際教員証):フルタイムで教職に就かれていることが証明できる教職員証または在職証明書(発行より3ヶ月以内) 

IYTC (国際青年証) :30歳以下であることが確認できる運転免許証かパスポートのコビー

      +

顔写真(カラーのみ、6か月以内に撮影されたパスポートスタイルのもの)
* 自撮り写真可、申請者のみが写っているもの、不鮮明なものや光の反射などで顔が認識できないものは不可
海外でもISICカードを申請できますか?
日本の学生でしたら国内で申請することをお勧めします。海外に申請した場合、必要な証明書である学生証や在学証明書が日本語で書かれていると、現地スタッフがその確認を取るのが困難です。せっかくのお申込みが拒否されてしまう可能性があります。
ISICカードを海外に郵送してもらえますか?
申し訳ありませんが郵送は国内のみとさせていただいております。必ずご出発の前に余裕をもってお申込みいただくか、ご家族の方などに転送してもらってください。
登録するメールアドレスは携帯のアドレスでも大丈夫ですか?
お申込みの際に登録されたメールアドレスは割引のクーポンコード取得や、ISIC Japanからのご連絡などで必要となります。携帯アドレスであってもメールの受け取りに問題が無ければ大丈夫です。また、携帯アドレスに限らず受信設定を制限されている方は、「@isicjapan.jp」の受信許可設定をしていただき、フリーメールをご利用の場合は迷惑フォルダに振り分けられることがありますのでご確認をお願いいたします。
ISICカードを申し込めるかどうか知りたいです。
12歳以上のフルタイムの正規な学生であればISICカードを取得する資格があります。
通信制大学であるThe Open University of Japan等に全科履修生として学籍を置かれている方も申請できます。
大学を休学して渡航するのですがISICカードを申請できますか?
休学の場合は大学が発行する「休学証明書」(休学期間が記載されており、且つ発行より3ヶ月以内のもの)があれば申請できます。
正規の学生ではない場合でも申し込めますか?
学生ではなくても30歳以下でしたら、IYTCカード(国際青年証)を発行できます。
また、フルタイム(週18時間以上)で教職に就かれている方でしたらITIC(国際教員証)をお勧めいたします。
ISICカードを申請するには年齢の制限がありますか?
12歳以上であれば申請できます。正規の学生であれば年齢の上限はありません。
修士号課程の学生ですが、ISICカードを申し込めますか?
フルタイムの正規の学生であればISICカードを取得できます。